• ホーム
  • WEBデザイナーに必要な技術とは?

WEBデザイナーに必要な技術とは?

WEBデザイナーになりたいというのであれば、いくつかの技術が必要です。実は印刷物のデザイナーとWEBデザイナー、そしてアプリのデザイナーは比較的関連性があるのですが、厳密にはWEBの知識や技術が必要なので、ちょっと違いがあります。
基本的なデザインの知識や技術があるという前提で、ここではWEBデザインの特徴について説明します。

基本的にWEBデザインの場合、ある程度構想を作ってから作業に入ります。この時、どこに何を配置するかをざっくり配置することで、必要なページのデザインやコンテンツ配置について計画しましょう。この時書くのがワイヤーフレームです。これはざっくりとした配置を示したもので、ページの構想を示します。基本的にデザインを入れることはなく、四角と丸、説明文を組み合わせて作ることも少なくありません。
これでOKが出れば、モックアップを作ります。ワイヤーフレームに基づいてデザインの下地となるようなサイトを作り、ブラウザで表示させます。この時、細かい構想などを反映させます。デザインについてはPhotoshopを使うのが過去のトレンドでしたが、今ではIllustratorを使うことも少なくありません。この段階ではざっくりとHTML構成を作ることもあります。
モックアップでOKが出れば、さらにデザインのブラッシュアップをする場合や、JavaScriptによる動きをつける場合もあります。細かいところに気をつけたり、JavaScriptで動かしてみてアニメーションや動きがきれいになるかどうか、という事をチェックします。

最後にそれでOKならすべてのページのコーディングを行います。IllustratorやPhotoshopで作ったものをHTMLやCSSでコーディングし、サイトを作成していきます。このため、基本的にグラフィックソフトとしてはIllustratorとPhotoshopが使えればいうことはありません。過去にはFlashが使える事も求められた場合もありますが、今ではほとんど使うことはないのです。
また、HTMLとCSSについても知っておきましょう。基本的にHTMLとCSSは現代ではHTML5とCSS3になりますので、それらを学習してください。なお、こういった技術は定期的に更新されますし、ソフトの改善により先進的な技術を取り入れたり、使用感が変わったりする場合があります。このため、定期的な学習が必要になることも少なくありません。