• ホーム
  • 常時SSL化はサイトを作成するうえで常識に!

常時SSL化はサイトを作成するうえで常識に!

カーソル

様々なサイトやサービスがありますが、どのサイトも必ず常時SSL化しておきましょう。実はこの常時SSL化は様々なメリットをもたらすと同時に、今の時代のWEBサイトの作成方法としては一般的な技術になっています。

SSLとは、SecureSocketsLayerの略称で、いわゆるサイトの通信を暗号化する技術です。暗号化というと難しいように感じるかもしれませんが、設定そのものはサーバーやネットワーク上で行うため、そこまで難しい対策ではありません。
暗号化をする理由としては、まずはセキュリティ面の問題があります。

実はこれまでのWEBの通信では、サイトの情報を傍受・盗聴する事が出来ました。このため、例えばクレジットカードの情報やどういうサイトを見ているか、というような個人情報を盗聴され、漏洩することがあったのです。また、通信情報を改ざんされたり、パスワードを改ざんされたりすることで、アカウントの乗っ取りなどの被害を受けることもありました。
ですが、SSL化することによって盗聴や傍受が出来なくなります。暗号化することによってサイトの情報を傍受しても暗号化によって内容を分からなくさせ、情報漏洩を防ぐのです。安全面の観点からかなり重要なものといえます。

もうひとつの理由としてはSEO対策があります。実は検索サイトの中でもSSL化しているサイトを上位表示させるという方針を打ち立てました。サイトの評価にSSL化しているかどうか、という事を加えるようになり、検索結果にも影響を及ぼすようになったのです。このため、最近ではSEO対策の一環として、ただ情報を掲載するようなサイトでもSSL化することが常識になりつつあります。安全面だけではなくサイトの評価に影響するため、未対応のサイトも順次対応している傾向があるのです。

その一方で、デメリットもあります。手間がかかったり費用がかかったりしますので、常時SSL化することが常識とはいえ、WEBサイト作成に手間がかかり、その分費用も掛かります。特にSSL未対応のサーバーを使っているサイトの場合、引っ越しなどの手間もかかるようになりました。
SSL化にはメリットがとても大きく、特にサイトの情報を守ってくれるためにセキュリティ面からかなり重視されていました。その一方で、デメリットとして費用や手間が増えた傾向もあります。とはいえ、SEOやサイトの安全面を考えるのであれば、ぜひ常時SSL化に対応しておきたいところでしょう。