• ホーム
  • 中古ドメインはリスクもある?

中古ドメインはリスクもある?

パソコンの前にいる女性

SEOのためにここ数年注目されているのが、中古ドメインというドメインです。
これはオールドドメインともいわれ、過去に何らかのサイト運用がなされていたドメインを指します。ドメインは世界に二つ同じ文字列が存在しないネット上の文字列のことで、様々なドメインを持っているサイトが存在するのです。この中古ドメインを活用し、SEO効果があるとされるドメインを利用することに注目が集まっているのです。

理由としては、過去にサイトが運用されていたので既にある程度リンクがあり、知名度があるという事が重要なポイントでしょう。リンクされていることはSEOにとって重要な事で、新規ドメインにはない既存のリンクを目的に中古ドメインを買う人が少なくないのです。
とはいえ、中古ドメインの利用が必ずしもSEO的にプラスに働く訳ではありません。実はリスクもあり、アタリハズレがあると考えた方がいいでしょう。ギャンブル要素が存在するのです。

中古ドメインのリスクとしては、過去にそのドメインでのSEO対策が悪かったことがあるかもしれない、という事に尽きます。
過去にそのドメインがスパムリンクを多く発行していたり、リンクを有料で売っていたりした場合、検索サイトから手動ペナルティを受けている可能性があります。この中古ドメインのペナルティとは、単純に検索順位下がったり、検索サイトで順位外になったりするものや、そもそも検索サイトで表示されないなどです。どれもSEOに対してはデメリットとなるでしょう。

これらを解除するためにはかなり手間がかかります。特にスパムドメイン認定されたドメインの場合、異議申し立てをしてもかなりの割合で解除されることはありません。このため、基本的に中古ドメインにはギャンブル要素を含んでいると考えた方がいいでしょう。アタリだと特に大きな集客が期待できますし、アフィリエイトなどの成功も期待できるのです。ですが、ハズレの場合は手間をかけてもあまり上位を狙えない、それどころかSEOにもマイナスに影響することが多いでしょう。

そもそも取得の段階で一般的な新規ドメイン取得よりも費用がかかるため、取得段階ですでにリスクを取っているのです。アタリのドメインであれば大きい効果をもたらしますので、まずは中古ドメインを取得する前には必ずそのドメインの過去の運用履歴をチェックしましょう。そのドメインの運用履歴が過去にどうだったかをチェックして、運用履歴におかしいところが無ければ取得するのもよい選択肢です。
基本的に中古ドメインのペナルティ、特に手動ペナルティを受けたドメインかどうか、という事は専門的に調べないと分かりません。また、引っかからないようなものでも取得してからスパムドメインと発覚することがありますので、ある程度ギャンブル要素があるものだと割り切っておきましょう。