• ホーム
  • 不要なバックリンクはサーチコンソールで否認作業を!

不要なバックリンクはサーチコンソールで否認作業を!

バックリンクを受けることはとても良い事で、サイトのSEO対策にとても良い効果をもたらします。とはいえ、バックリンクの全てがよい影響をもたらす訳ではありません。実は質の低いサイトからのリンクは、SEO対策に逆効果になることもあるのです。

バックリンクとは、どこかのサイトにリンクを張ってもらったという事です。このため、基本的にSEOに良い傾向をもたらします。リンク数やそのリンクを張ってもらったサイトの質が良い所であれば、SEOに良い影響があるのです。その一方で、質が低いリンクからのバックリンクは実はSEOに悪く、あまり良い影響をもたらしません。
特にサイトの品質が低かったり、サイトの価値が低いサイトからのバックリンクは検索順位が下がるなどのデメリットをもたらします。

このため、バックリンクを受けてものサイトの品質が低く、あまり良いドメインではない場合、その被リンクを否定しておきましょう。実はそのサイトの被リンクを否定すると、サイトのSEOの影響を回避することが出来ます。方法としてはサーチコンソールを使う方法があります。これはGoogleのサービスですので、Googleのアカウントが必要です。サーチコンソールのサービス上でサイトを登録して、その中にあるバックリンク否認ツールを使いましょう。このツールは、質の低いバックリンクが多くある場合や、バックリンクを手動対策で評価の対象にしたくない時や排除したいときにおすすめです。

まず、リンクリストを作成しましょう。リストは一行に一つのURLを入力します。必ずドメインごとに改行してください。ドメイン全体を否定したい場合はdomain:という接頭区をつけましょう。これがあると、ひとつのドメインからの複数のリンクをまとめて否定できるのでおすすめです。

次に、間違いがないか改めて確認しましょう。リストは必ず間違いが無いようにしてください。バックリンク否認リストを作り、それをアップロード・送信します。
ちなみにアップロードした場合、過去にアップロードしたバックリンク否認リストは否定されます。もし二回目以降ならば、保存しているリンクリストをそのまま転用し、追加したいドメインやURLを追加するのがおすすめです。過去のリストをダウンロードすることも出来ます。ダウンロードしたリストに追加する事も出来ます。

最後に、その効果を確認しましょう。domain:をつけた場合はドメインから否定されているか、排除されているかを確認してください。数週間処理に時間がかかることがあるので、送信後すぐに反映される訳ではありません。否認ツールの効果は、基本的にそれなりに時間がかかります。ですが、しばらくすると少しずつ効果を発揮するので、アップロードごとに必ず確認してください。