• ホーム
  • ブラックハットSEOは不要な時代!より良いコンテンツを作れ!

ブラックハットSEOは不要な時代!より良いコンテンツを作れ!

いろいろなSEO対策というのがありますが、その中でもやってはいけないSEO対策をブラックハットSEOといいます。実は過去に良いとされたSEO手法が、今になっては悪い対策だとなっている場合があるのです。これはどういう手法なのでしょうか。

まず、SEO対策を行う為には、何らかのSEO手法を取り入れるのが基本です。この時、良い対策をホワイトハットといい、悪い対策をブラックハットといいます。過去にホワイトハットとされている対策が今になって否定され、ブラックハットの方法となっていることも多いので、ここが難点です。

さて、SEOの基本的な考え方としては、基本的に検索エンジンにとって有用なコンテンツである事、サイトが使いやすい事、様々な状態に対応している事などがあげられます。定期的に検索エンジンのアルゴリズムは変更され、アップデートされる度に様々な表示結果の違いをもたらすのです。
ですが、考え方はそこまで大きく変わりません。基本的にユーザーファーストという考え方があり、ユーザーにとって良いサイトやコンテンツはSEOに良い効果をもたらします。
ただ無暗にリンクだけを増やすことが過去には良いSEOだとされていました。ですが、今ではリンクを増やしてリンクを沢山もらうだけでは良くないという評価があります。前述の通り、それぞれのサイトやリンクの質を評価するようになったので、リンクがただ多いだけではなく、良いサイトからの自然なリンクを得られることが重要となりました。

被リンク用のツールやリンク売買のツール、SEO対策用にリンクを売る業者などもかつてはいましたが、これらを使ったリンクは自然なリンクではないという事で、今では否定されています。特にこのようなツールの乱用は不自然なリンクを多く生み出してしまうため、ただのリンクだけではなく悪い被リンクをもたらしかねません。
また、キーワードも重要です。どういうキーワードでリンクを得ているのか、という事も評価されます。リンクの数や量はかなり重要なのですが、さらに質やキーワードを重視するようになったため、ただのリンクではよくないことが増えたのです。
このため、最近ではアルゴリズムのアップデートに影響されない事や、リンクの乱用をしなくて済む、コンテンツSEOというのが出てきました。これはコンテンツ内に有用なキーワードを含める事や、適切な見出しを設定すること、コンテンツの質を上げることなど、コンテンツそのものを重視する対策です。ユーザーが読んで面白い・適切な知識を得られるような内容のものが、そのままSEO手法のひとつとなっています。